なぜ返済が遅れそうな時には電話すべきか

キャッシングには、返済期日があります。その期日に遅れてしまうと、色々と大変な事になります。信用情報に登録されてしまいますし、最悪の場合差し押さえや給料からの徴収などが発生してしまう場合があるのです。ですので期日に遅れないようにするのが大事なのですが。

しかし人によっては、何らかの事情によって返済に遅延が発生しそうな事もあるでしょう。そのような時にはどうすれば良いかというと、電話での連絡です。連絡をせずに放置してしまいますと、面倒な事になりがちです。

確かにキャッシングの会社に返済が遅れそうになっていると、電話もしずらいですね。やや重い話でもありますので、電話しずらい気持ちも分かります。

しかし電話をしないと、もっと重たい話になってしまう可能性があるのです。返済に遅れそうな段階なのでしたら、まだそれほど事態は重くないと思います。遅延損害金を支払う事にはなりますが、少なくとも差し押さえなどが発生する訳ではありません。しかし電話をせずに黙っていると、本当に差し押さえになってしまう可能性があります。

話がエスカレートする前に、早めに電話をしておいた方が金融会社に対する印象も良くなります。そして金融会社の電話オペレーターは、顧客からの印象などはきちんと聞いているものです。電話での印象が余りにも悪いと、以後の借入が困難になる場合もあります。ですので返済遅れになりそうな時には、紳士的な姿勢で電話をするのが良いと思います。

それと電話では、必ず「いつまでに返済するのか」を金融会社から質問されます。その際には、必ず「確実に返済する日」を伝えるべきです。返済見込みが50%などの確率ではなく、100%返済できる日を伝えるべきです。そうでないと、また電話をする事になってしまうからです。つまり確実に返済できる日を頭の中で固めてから、金融会社に電話をかけるべきという訳ですね。

しかし人によっては何かの事情で、返済の見込みが立たない事もあるでしょう。その場合は、「どういう理由で返済が困難なのか」を正直に金融会社に伝えるべきです。それを伝えると、金融会社が有益な提案をしてくれる場合があります。金融会社の電話オペレーターは、顧客の相談に乗るのもお仕事の1つだからです。

ポイントは、とにかく電話です。電話しにくいかもしれませんが、エスカレートするよりは電話をする方が傷が浅くなります。できる限りの返済計画を頭にイメージしてから、金融会社に電話をかけるのが良いでしょう。