カードキャッシングの審査基準の違いについてご説明いたします

カードキャッシングと呼ばれる金融商品には様々な種類の商品があり、その商品を取り扱う金融業者によって審査の厳しさや緩さなどの審査基準が違ってきます。

日本における消費者が利用する主な金融業者としては銀行系カードローン会社、信販系ローン会社、流通系クレジットカード会社、そして消費者金融と様々な種類の金融業者が存在しています。

これらの金融業者はそれぞれの業者の商品としてカードキャッシングを提供していますが、カードキャッシングの審査基準はそれぞれの業者で審査基準が違ってきます。

 

銀行系カードローン会社はカードキャッシングを新規で申し込む際の審査基準は消費者金融の審査基準に準じていると言われています。

これはどういう事かと申しますと、消費者金融や銀行系カードローン会社は新規でカードキャッシングの申し込みをしてきた新規契約希望者の氏名や年齢、住所、性別、そして職業などの細かな項目を尋ねてくる事がほとんどです。

これはカードキャッシングを新規契約で申し込む新規契約希望者の債務状況を調べる為であって、システム的には年齢と性別、そして指名の読み仮名だけでカードキャッシングの新規契約申し込み者の債務状況が信用調査機関に照会を行う事で瞬時に判明するのです。銀行系カードローン会社と消費者金融の金融業者はカードキャッシングの新規契約申し込み者の債務状況を必ず信用調査機関に照会してカードキャッシングの新規契約申し込み者の債務状況が問題があるか無いかを調べます。

これらの信用調査機関は数多くの銀行系カードローン会社や消費者金融が利用していると言われ、もし審査の際に銀行系カードローン会社や消費者金融の金融業者が信用調査機関にカードキャッシングの新規契約申し込み者の債務状況の照会を行って債務状況が不健全、つまりカードキャッシングの新規契約申し込み者の債務状況がその人の借金限度額に達しているまたは他社の銀行系カードローン会社や消費者金融などで複数社借り入れをしていてなおかつ返済が遅れているなどの事が判明した場合、そのカードキャッシングの新規契約申し込み者はほぼ100%銀行系カードローン会社や消費者金融の金融業者からお金を新規で契約してカードキャッシングをして借りる事は出来なくなります。

そして信販系のカードキャッシングはこれらの金融業者とは違う審査基準を設けており、カードキャッシング希望者の信用調査もこれらの金融業者とは違う調査期間に情報を照会していると言われています。緩さで言えば信販系カードキャッシング会社の方が銀行系や消費者金融よりも比較的審査が緩いと現在では言われています。

そして流通系のクレジットカード会社も独自の信用調査機関に新規契約希望者の情報を照会していると言われ、審査の厳しさは銀行系と同じ位で消費者金融よりも厳しい場合が多いです。