キャッシングの在籍確認で行われる電話連絡の詳細

カードキャッシングを申し込むと、例外なくその人が本当に会社に勤務しているかどうかを確認するための「在籍確認」の電話連絡が来るようになっています。書類のみで済ませる業者も存在しますが、それでも連絡が来る業者のほうがまだまだ多いのが現状です。

それでは、銀行・信販・流通・消費者金融などでカードキャッシングの申し込みをすると、どのような形で電話連絡による在籍確認が来るのでしょうか。

まず、会社でも自宅でも、カード会社の人間が会社名を名乗るということはありません。個人名で電話が来ます。

 

「私、○○と申しますが、○○様はご在宅でしょうか?」

 

このような電話が来ます。会社に本人がいればその時点で電話を取ると、

 

「○○カード会社の在籍確認が完了いたしました。失礼いたします」

 

という連絡を受け、電話が切れます。この時点で在籍確認は完了します。たとえ会社に本人がおらず、外回りなどで外出していても、社内にいる他の社員の方が

 

「○○はただいま、席を外しておりますが…」

 

というような受け答えをしたとしても、それはそれで在籍確認の代わりになりますので、これについてもその時点で在籍確認は終了します。なぜ在籍確認をするのかというと、それはカード会社からすれば、申し込み時に会社名が書いてあっても実際にその会社に勤務しているかどうかはわからないため、本当にその会社に勤務しているのかどうなのかを確認する必要が出てくるというわけです。

 

自宅にかかってくる場合も同様です。そのさいにも個人名でかかってくるので、要件を言わない相手に対してあなた以外の家族が電話を取った場合、不審に思う可能性もありますので、やはり事前に家族に伝えるか、審査に申し込んだ段階で自分がすべての電話を取るようにしましょう。

 

なお、在籍確認の電話は個人名でいきなりかかってくるので、勘の鋭い人だとすぐにキャッシングの審査による電話ではないかとバレてしまう可能性も出てきます。もしあなたが社内でそれなりに自分の事情を話せる人であれば、在籍確認の電話がかかってくるかもしれないということを事前に社内の人に言っておくということをしてもよいでしょう。

 

在籍確認は電話連絡ということで、基本的にはどの会社に勤めていてもかかってくるものです。しかし、これはキャッシングの審査にはどうしても必要のあるものなので必ず来るものと心に留めておきましょう。派遣会社の場合でも、派遣元の会社に電話がかかってくることもあるので、その旨を派遣元に伝えておくことも大切です。